2010年04月30日

宿曜占星術とは。

宿曜占星術とは、インド占星術をベースに発展したもので、日本には

「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」

という仏教の経典として、空海によってもたらされました。

そのルーツからして、密教僧によっておもに研究され、平安時代に陰陽道の陰陽師と勢力を二分するほどになりましたが、平安時代の終わりとともに一時衰退していきました。

現在でも人気の手法で、評判の占い師さんが結構使っていたりしますし、このような任天堂のDSのソフトなんかもでています。
まいにちココロビクス DS占いハッピネス 2008


キーワード:宿曜占星術
ラベル:宿曜占星術
posted by 星 at 10:24| 宿曜占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

インド占星術はご存知ですか?

占星術に興味がある方ならご存知かと思います、その名も「インド占星術」

“インド”という国の名前に秘められたなんだかミステリアスな雰囲気、なにかとんでもないものが出てきそうなびっくり箱のような期待感をいだせる、いったん聞いたら気になってどうしても占ってもらいたくなる、そんな名称です。

基礎からはじめるインド占星術入門



占星術の占いの基礎となるホロスコープの使い方ですが、インド占星術の特徴として、

・ある天体座標を基準点に固定しそこから30度ずつ12分割して宮を出す。

・基本的に室(ハウス)の意味が宮(サイン)より重視されている。

・ダシャーという未来予測の方法がある。

などなど、まだまだいろいろな相違点があり、深く学んでいくと面白いかも!?

占星術の世界は限りがありませんね。

キーをード:インド占星術
ラベル:インド占星術
posted by 星 at 23:16| Comment(2) | インド占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

六星占術とは?

六星占術についてwikiでは

「六星占術(ろくせいせんじゅつ)とは、宗教家で占い師の細木数子が中国古来の易学や算命学、万象学などをもとに、提唱した(とされる)占い」

となっており、細木数子さんが開発した占いです。

細木数子さんのキャラクターにより、テレビ等で人気ですよね。

ベースは中国の易学や算命学、万象学のようですね。

「六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占い、それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼ぶ。

運命星によりその人の占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われる。」

六星占術がはやるにつれて、土星人金星人火星人天王星人木星人水星人という呼び名も耳慣れたものになってきました。


キーワード:六星占術
posted by 星 at 17:00| Comment(0) | 六星占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。